植毛をした後のアフターケアや注意点について解説します。

髪の毛が生えてこなくなった部分に、再び髪の毛を取り戻したいと考えた場合に有効な方法の一つが、植毛です。
生え際や頭頂部等、髪の毛が減ってきた部分に、髪の毛を1本ずつ植えていく方法で、人工の毛を植える方法と、採取した本人の毛を植える方法があります。
アフターケアの方法を解説すると、その後のメンテナンスが重要になってくるのは、人工の毛を植える方法です。
人工の毛は、成長をする事がなければ、白髪に変わるという事もありません。
ですから、髪型を変えにくく、定期的なメンテナンスも必要となってきます。
それに対して、本人の毛を植えた場合、その毛は、本物の毛として、頭皮に定着する事になります。
定着をした毛は、周りの毛と同じように成長を続け、白髪が増える頃には、同じように白髪になる為、その後のメンテナンスの必要がない事で人気です。
ただ、本人の毛を植える場合の注意点として覚えておかなければいけないのが、施術後の傷跡についてです。
髪の毛は後頭部から採取する事が一般的で、施術後、後頭部に傷が残る状態となります。
施術後、傷の状態が落ち着くまでの間は、眠る時に、傷を刺激しないように注意をしておく必要があります。
傷の状態が落ち着けば、普通に生活をする事が出来る状態に戻ります。

 

 

植毛費用